確認のための電話は必ず来る

電話のジェスチャーをする女性
学生でも借りられるカードローンの申込み時に気になる部分としては、確認のための電話連絡は来てしまうのかという点です。
 
お金を借りるのはどこか周りに知られたくないと言う思いを持つ方が多いですね。
 
大々的にお金を借りるという方はあまりいないのではないのでしょうか。
 
できれば自分の中だけで利用までの手続きを完了させたいですし、もしもアルバイト先や自宅に電話が来て同僚や家族にお金を借りることがバレてしまったらと考えてしまいますね。
 
しかし確認の電話は順調に審査が進んでおり、利用ができる段階まできているという事がほとんどなのです。
 
最後にきちんと申告どおりに収入を得ている場所があるのかどうか、本人が実在するのかという確認なので、ここまでくるとほとんどはクリアできたという段階なので喜ばしいことなのですね。
 
それでも、電話に他人が出てしまいカード会社名を名のられたらどうしようと思ってしまいます。
 
基本的には個人名で名乗り本人が電話に出られるかを確認されます。
 
その場にいれば電話を替わり確認ができたことを告げられますが、いなくても在籍の確認はできたので、そのまま失礼しますと電話が終了します。
 
最近では個人の携帯電話に連絡を指定することも出来る場合や、日時を指定し自分が確実に出られるタイミングで電話を入れてもらうことも会社によっては可能なようなので、そのような部分も学生でも借りられるカードローンの利用検討の比較としてみても良いでしょう。


このページの先頭へ