複雑な金利の計算方法とは

電卓とグラフ
学生でも借りられるカードローンや一般的なカードローンにはお金を借りたら必ず金利というものが計算されて加算され、その金額と一緒にお金を返済しなければなりません。
 
多くの方はお金を借りられた方の喜びが大きく、金利のことまではなかなか考えにくいのではないかと思われます。
 
また、消費者金融業者によっては期間限定で無金利というキャンペーンもありますので、金利はさほど問題とならないと感じている方もいるかもしれません。
 
しかし、多くのカード会社は金利10%台で決して安くはない金額です。
ここではどのように金利が計算されているのか、今まで考えてみなかったこととは思いますが紹介をしてみたいと思います。
 
学生でも借りられるカードローンを初めお金を借りたら、元金と計算された利息と共に決められた日に返済を行ないます。
 
利息はこの元金に設定されている利率を掛けて求められた金額となります。
 
金利と呼ばれるものにはいくつかの種類があるのですが、多くの会社は年利と呼ばれる表示を利用しています。
 
そのため、多くのカード会社で宣伝をしている金利は年利と呼ばれるものなのです。
 
一般的な計算方法としては、元金に金利をかけ、更に借入期間を掛けたものが利息となって求められます。
 
一例として、30万円を60日間で完済し、金利が18%だったという計算をしてみると利息は8,800円少々となります。
 
もちろん、完済期間が短ければ短いほど利息も減りますので、早期完済がお得となるのです。


学生でも借りられるカードローンはこちら!

このページの先頭へ